尿漏れの中でも切迫性尿失禁に悩んでいる人の場合、ほとんどの治療は薬物療法によってもおこなわれるため、病院で薬を処方してもらうことになりますね。 尿漏れに効果のある薬として、どんな薬が処方されるのかというと、よく使われている薬に抗コリン薬という薬があります 抗コリン薬によって、切迫性尿失禁に悩んでいる人の8割以上の人の症状が緩和させると言った効果が表れているそうです。 切迫性尿失禁に悩んでいる人は膀胱が緊張状態で委縮してしまっている場合が多く、正常の人と比べると膀胱内に尿を溜めることができない状態になっていることもあるかもしれません。 そこで抗コリン薬の出番になりますが、抗コリン薬は膀胱の委縮を緩和し、膀胱の働きを正常な状態へと促してくれますので、尿漏れの緩和に効果があるとされているのです。 しかし、副作用として便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)になってしまいがちなといった実例も挙げられていますので、普段から便秘に悩んでいる人はお医者さんに相談して薬の使用を考える必要もあるかもしれませんので注意しましょうー